スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「堀田善衛から学んだこと」講演会

「堀田善衛から学んだこと」講演会

2月6日
堀田一善慶応義塾大学名誉教授をお招きし、新風会、伏木商店連盟さんが主管し講演会が開かれました。堀田一善さんは、「芥川賞作家堀田善衛」さんの甥っ子に当たる方で、堀田善衛さんとのエピソードを交え講演されました。

伏木中学校の歌を作詞した経緯・「母くにさんを通じた作詞は、お断りする」と言いながら、最後は、作詞するところは、おじさんらしい」。「伏木に何か貢献したい思いがあったのだろう」と話されました。

また、伏木国分浜へ海水浴に行った思い出を、「男岩・能登半島や立山連峰を眺めていた後ろ姿と後年、逗子海岸での後ろ姿がだぶって思い出される」と話されました。

この話をお聞きし、国分浜を埋め立てなくて良かったとの思いと白砂青松の海岸を取り戻す取り組み心に誓ったところです。
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。